値上がり株より商いの出来る株を買え

 

これは欧米の格言の一つです。
意味はタイトルのままの解釈で結構です。

新興銘柄や小型株、品薄株はちょっとした需給バランスの変動で大きく値を動かします。
上がりもしますが下がりもします。
ですが株価が上がっても買い手がつかない場合もよくあります。
出来高少ないため買う人が少ないということです。
せっかくの値上がりした銘柄も売買が成立しないと意味を持ちません。

大きな値動きをするだけでなく、しっかり出来高がともなう銘柄を買いましょう。