漁師は潮を見る

 

この潮というのはここでは二つの意味を持ちます。
一つは海流の流れや満ち引きから相場の大局を、もう一つは潮時の言葉が示すように「ちょうどいいタイミング」などを意味しています。

漁師が魚を獲る際に海面上の変化に注意し潮の流れを見ているように、株式投資家は株価だけを見るのではなく、相場の大きな流れや方向性を見ていきましょう。

株式投資で成功するには必要不可欠な要素です。