買いは安い日に限り、売りは高い日に限る

 

安いときに買い、高くなったところで売れば儲かるのが株です。
誰にでもわかるような教えですが、個人投資家は特に大切に心掛けたい教訓です。
その理由は「大衆は常に天井を買い、底値を売る」という格言が教えてくれています。

多くの個人投資家は大局上昇トレンドにより持ち株の評価益が上がっても、売りを実行せずに下降トレンドを向かえてしまうため利益を確定させられずにいます。
この流れの中では確実に売って利益を確定させるのが一番です。
「山、高ければ谷深し」で急な下げ相場に対応できずに、結局は安い日に売りに出してしまう投資家が多いということです。