文殊でも備えのたたぬ商いは破れる

 

どんな知恵者であっても備えがなければ、株で勝つのはむずかしいでしょう。
つまり、たくさんの投資手法を知っていても実行する投資余力が無ければ意味を成さないということです。
命金を投じることなどは備えのたたぬ商いの代表といえます、命金とは日々の生活資金や緊急に備えたお金などです。
大相場で売り損なって塩漬けにしてしまい、必要となったときに損切りするしか選択肢が無かった、なんてのがいい例です。
備えがたってから商いにのぞみましょう。