貧乏神を呼ぶ過剰売買

 

個人投資家はインターネットの普及によりネット取引が主流です。
店頭や営業マンを介さずに売買ができる手軽さと、かつての10分の1以下に下がった手数料が魅力でしょう。
そうした環境の変化が投資家の売買スタンスにも影響し、短期売買がとくにデイトレードが人気です。
しかし、手軽で便利なネット取引ですが過剰売買のワナにはまりやすい環境ともとれます。
より多くの利益を出す可能性がありますが、より多くの損失を出す可能性もあるということです。
手軽で便利で安いかもしれませんが、過剰売買のワナには注意しましょう。