麦わら帽子は冬に買え

 

注目されてない時期に買えば株は儲かる、といった格言です。
多くの投資家が見向きもしない銘柄は当然のように安値圏にいます。
どんな銘柄でも10年に1度くらいは相場を作るものですから、そこに期待して安値で仕込んでおけばいずれ高値で大儲けというわけですが、株は会社がなくなるリスクもあります。
これでは格言に納得できないです。
そこで少し言い換えて「麦わら帽子は夏に買うべからず」としましょう。
天井圏なのに、まだ上がるという大勢に多くの投資家が参戦、では私も。

皆が買うから安心という発想が失敗の元です。