株価は企業の将来を映す鏡

 

この株価というのは企業のどの程度先を映しだしているのでしょうか?
景気や市場環境によって異なってきたりしますが、上向き加減の景気なら楽観的になり2、3年先はもちろんのこと、10年先の新技術を映し出すこともあります。
逆に下向いた景気だと投資家心理は、悲観的になり直近の材料しか評価しなくなります。

この将来を映す鏡がどの程度先を映しているかをしっかり観察し見えるようになれば、だれよりも早く相場の流れをつかむことができるでしょう。

大局の予測ができれば成功は近いです。