一文惜しみは天底逃がし

 

売買するときの投資家心理は、一円でも安く買いたい、一円でも高く売りたいというものです。
底値を狙って買おうとしても下げつづけているあいだはさらに下値がありそうと、なかなか買えないものです。
気がつけば上昇相場に転じています。
売るときも同様で、時間をかけてじっくり上がってきて高値圏に入ったとなるとどうしても、あと1円は上がるだろうと売り惜しみたくなるものです。
そして気がつけば相場は急落し売り損なってしまいます。

強い気持ちをもって売買に挑みましょう。