相場の極致は手仕舞いにあり

 

売りのむずかしさは、株式の売買を繰り返しているうちにだれもが気づくと思います。
ではなぜ売りをむずかしいと感じるのでしょうか?
買いの段階では儲け、損失があいまいで冷静な判断が下せますが、売りになると儲け、損失が具体的な数字となってしまうからです。
売りには利食い、損切りの二種類があります、とくに損切りなどは自ら損失を確定させるものですから決断しづらいものです。

長期持ち合いからの上放れ、儲けやすいこの相場で儲ける投資家と損する投資家に分かれるのは、やはり売り技術からくる差なのでしょう。