カネは手のひらに乗って、それを握るまではアテにするな

 

買った銘柄の株価が日々上昇、投資家にとってこんなにうれしいことはないでしょう。
評価益が上がれば儲かった気分になります。
しかしここで気をつけなければならないのは、売りを確定させることによってはじめて利益になるということです。
株価が急騰すれば、そのあとに大幅調整が待っていたりします。
売りのタイミングを間違えればせっかくの評価益が消えてしまったり、最悪の場合は大損なんてこともあります。

評価益が上がったからといって、それを担保に信用取引に走るなんてのは「捕らぬタヌキの皮算用」です。
手のひらに乗ったのなら、まずはしっかり握りしめましょう。