出直り相場に逆らうな

 

大崩れしていた株価が、長期低迷から上昇トレンドに転換した相場を「出直り相場」と呼びます。
逆らうは逆張りの売りを意味していて、出直り相場では売ってはいけないということです。
なぜ出直り相場で売ってしまう投資家が多いのか、それはやはり長期に渡る低迷で弱気になっているからでしょう。
一方では、こうした売りによる初押しを待っていた投資家が買いに入ります。
これが相場転換の兆しとなり、新たな投資家、早々に売ってしまった投資家の参入でさらに株価を押し上げることとなるのです。
出直り相場は株で儲けるチャンスといえるでしょう。