損する忍耐より儲ける忍耐

 

株は儲からないという投資家の多くは、儲けている投資家と逆のことをしていることが多いようです。
複数の銘柄に投資したときの例をあげます。
値上がりした銘柄、値下がりした銘柄が出たときに個人投資家は値上がりして、わずかな利益が出た銘柄を売り、評価損の銘柄を手元に残します。
プロの投資家は逆で、上げている銘柄は上昇エネルギーが強いとみて手元に残し、下げている銘柄はいつ回復するかわからない、さらに下値を追うかもしれないという見方をします。
損失は小さく抑え、儲けるときは上昇相場で忍耐強く我慢して大きく値幅を取りにいこうという格言です。