株式投資勝ち続けるための10の格言記事一覧

 
バラを切るごとく売るべし
バラの切り花を飾るとき、満開で切ってしまうとすぐに花が色あせ、花びらが落ちること...
利食い千人力
どんなに評価益が上がっても、売らない限りは利益にはなりません。 利食いで利益を確...
爪を伸ばしすぎて大けがをする
爪を伸ばすというのは株価の上昇に合わせて、売り指し値も上げていく行為を表していま...
魚の頭と尾はくれてやれ
利食いを上手くこなすための相場訓です。 相場の大底から大天井までを一匹の魚にたと...
辛抱する木に金がなる
中長期相場における辛抱、忍耐の大切さを説いた相場訓の一つです。 一直線に上がりき...
高値おぼえ、安値おぼえは損のもと
前回つけた高値や安値は大局的に相場の動向を見極めるときは大切な判断材料になります...
投資家は投機家のなれの果て
この格言がいう投機家は、努力や勉強せずにリスクもなく短期間で資産を何倍にも増やし...
獣を追うもの、目に大山を見ず
個人投資家は、獲物という名の利益を追うときに大山という名の相場の中に潜む危険が見...
ブルもベアも儲けることはできる。しかし、欲張りは儲けられない
アメリカのウォール街で生まれた相場訓の一つです。 ブルは雄牛、強気を。 ベアは熊...
期日に向かえ
期日というのは、信用取引を利用して売買する際に、手仕舞う期限として設定されている...

edit