利食い千人力

 

どんなに評価益が上がっても、売らない限りは利益にはなりません。
利食いで利益を確定させることによって得る安心感、心の余裕こそが千人の味方といえるでしょう。
しかし、利食いをしようとしたときに、まだ上がる?という気持ちが出てきてしまいます。
こんなときは「売り買いを一度にするは無分別。二度に買うべし、二度にうるべし」です。
一度目の売りでほどほどの利益を確定させます。
そして気持ちに余裕を持ってから二度目の売りにのぞむというスタンスです。

冷静な判断が好結果につながることでしょう。