爪を伸ばしすぎて大けがをする

 

爪を伸ばすというのは株価の上昇に合わせて、売り指し値も上げていく行為を表しています。
株価というものは天井をつけると、急落します。
天井圏まで我慢したのに爪を伸ばしすぎて売り損なうことを危惧した格言です。
大ケガには利益を減らしたということの他に、後悔や未練からくる心の乱れも意味しています。
さらに現物ではなく信用取引だったら損失は三倍です。
目も当てられない結果になります。
水の泡とならないためにも爪の伸ばしすぎには注意しましょう。