期日に向かえ

 

期日というのは、信用取引を利用して売買する際に、手仕舞う期限として設定されている6ヶ月後のことです。
期日が迫ってくると、高値で信用買いした投資家による投げ売りが集中します。
株価が安くなり、信用買い残高の整理が完了となります。
期日を迎えて残高が整理されるというのは、市場にとって反転上昇に向かう材料になることが多いです。
つまり、「信用買い残高が急増して高値」 ここから6ヵ月後につけた安値が買いのタイミングということになります。