急くゆえに安きを売りて、あたまから高きを買うて、唐臼を踏む

 

証券会社やマスコミが株高をはやしたてるのは、相場が上がりはじめた時ではなく相場が過熱したときです。
個人投資家の心理として、自分だけが波に乗り遅れたような気がしてきます。
こんなときに「これから上がる出遅れ株」などの情報が耳に入ると、飛びつき買いしてしまいがちです。
相場が過熱気味になっているのは、すでに高値圏に達しているということです。
高値圏にいるということは、ちょっとしたきっかけで急落があります。
飛びつき買いから急落、焦って浪狽売り。
損切りするにも戻りのタイミングなどを狙うべきですが、すでに冷静な判断はできなくなっているでしょう。
唐臼を踏む=地団駄を踏んで悔しがる、飛びつき買いは株式投資でやってはいけないことのひとつです。