しまったら仕舞え

 

個人投資家にとって自分の意思で損失を確定させる損切りというものは、難しい行為の一つでしょう。
評価損は売りで損失となり、株価が上がるまで何年も持ち続ければ損失とはなりません。
これも一つの考えですが「買い玉の引かれたときは意地張るな、戻り少なく深手負う」「見切りを早むるとも断じて遅らすなかれ」と、戒める相場訓があります。
損を見切る勇気、これが後の利益につながります、「見切り千両」です。

損切りの大切さを相場訓は教えています。