悪材料出尽くしは買い

 

長期低迷の相場の中、安値圏で値動きがほとんどなくなった状態を「陰の極」といいます。
陰の極状態では売りものが出尽くした後なので、好材料が少し出ただけでも大幅高になることがあります。
とはいえ、好材料が出るタイミングなんて誰にもわからず、予測も困難です。
ではそれ以外に相場転換の買いチャンスはいつなのか、それは悪材料が出たにもかかわらず、値が下げ渋った時です。
このスタンスの投資家が多いと、悪材料の下げ渋りでそこそこ買いが入ります。
つまり悪材料が出て株価が上昇したとき、その悪材料が最後の悪材料ということです。
低迷相場でも怯むことなく投資する方法の一つです。