一割三割

 

株価はいろいろな材料によって変動しますが、最終的には需要と供給のギャップが値を決定しています。
この相場訓は、この株価の変動と需給バランスのギャップの関係を示す格言です。
需給バランスに一割のギャップが出ると、株価の変動幅が三割になるということです。
好材料が出たときを例えるなら、買いが5%増え、売りが5%減り、需給のギャップが10%になったとき株価は30%押し上がるということです。
需給バランスは株価に大きく反映されます。
ここで気をつけなければいけないのは、この大幅な上昇を市場全体が買いに走っていると思い込み、相場状況を見誤ることがあるということです。