小回り三月、大回り三年

 

相場の動きというものは、長期的には三年で、中期的には三ヶ月で山と谷を作ると言われています。
なぜこういった周期でサイクルするのか?
定まった見解はないのですが、中期的な「小回り三月」のついては、企業決算が日米共に3月と12月が主流というのと、四半期をベースにして業績見通しを明らかにするという見方があります。
また信用取引の期限が6ヶ月だからだとも言われています。

長期的な視点で相場の動きを見ることも、株式投資において大切なことでしょう。