天井知らず、底知らず

 

投資の理想として、「底値で買い、天井で売る」というのがあると思いますが、天井だから底だからといってサインなどは出ません。
どんな投資のプロでも、天井と底をピンポイントで捉えるなんてことは不可能に近いでしょう。
天井と底にこだわるつもりはなくても売買するときは1円でも安く買い、1円でも高く売りたいというのが投資家心理だと思います。
しかし、気をつけなければ買い損じ、売り損じということもあります。
買い損じはまだしも、高値圏での売り損じは確実に損失です。

欲に駆られず、一円惜しみを慎むためにある相場訓です。