買いにくい相場は高く、買いやすい相場は安い

 

「買いづらい相場にかぎって高くなり、買いやすい相場にかぎって安くなる」
この難解な相場訓を現代用語に置き換えればこんな感じです。

初期段階でかすかに上昇気配があっても根拠が見えずに買いにくいと思い見送る、そんなとき一部の投資家が買いはじめると、株価は売り物が少なく敏感に反応して上昇ます。
すると買い控えた投資家が焦って動きだす。
大相場に発展するとき、それは皆が買いを見送ったその後でしょう。

買いにくい相場とは、どんな相場なのか?それは他の相場訓から「陰の極」「弱気一色」「総弱気」「閉散」な場面と言えます。
他には「初押し」「悪材料出尽くし」なども買いづらいでしょう。
こういった「怖いところでの買い」が買いの極意ではないでしょうか。