強弱よりも運用を学べ

 

強弱は株価の上げ下げを、運用は投資手法を意味しています。
つまり、株価の上げ下げを気にするのではなく、自分の投資手法を磨くのが良いということです。
明日は株価が上がるだろうか?下がるだろうか?そんなことを考えるのではなく、どうすれば安いときに買えて、どうすれば高いときに売れるのかを考えるほうが大切です。
他にも自分の投資スタイルは長期か短期か、資金は分散か集中か、信用取引を活用すべきか、など検討すべきことはたくさんあります。
株価の上げ下げを気にするのは最後でしょう。