年の内、三度より商い場なし

 

この相場訓は江戸時代の米相場から生まれたものです。
現代では三度よりもっとたくさんあるように感じますが、実際にここ10年間(95年~05年)の日経平均のチャートを見てみると相場全体が中期的な上昇トレンドになるのは年に何回もありません。
日経平均に連動するものと連動しないものと、銘柄によって違いは出ますが、やはり儲けやすい時期を考えると年に1、2回でしょう。
勝率を少しでも上げたいなら、この時期をじっくり狙うというのが大切だといえます。