買い遅れたときはただ買い場を待つべし

 

指し値注文で買えなかったときなどに、焦って成り行き注文で追いかけ買いしてしまう投資家は多いと思いますが、その場合、成功するより失敗する方が確率が高いでしょう。
この追いかけ買いは高値圏では、ほぼ高値つかみとなり、安値圏で買えて儲けが出ても本当は押し目を狙うのが正解といえます。
買い遅れした、というのは損した気分にはなりますが、落ち着いて考えると実損は出ていません。

買い遅れたときは、追いかけ買いするのではなく、次の買い場を冷静に待つというのがこの相場訓の教えです。