陰の極に買いの機あり

 

陰の極とは、長期で下がり続けた後に安値圏で、値動きをほとんどしなくなった状態のことをいいます。

売り物がほぼ出尽くした陰の極では、株価を刺激する材料がちょっとでも出れば大きく値動きます。
しかし、いつ出るかわからない材料に期待するわけですから、長期スタンスで株式投資をしている投資家には買いチャンスです。
短期の投資家も資金を長期間寝かせる余裕とひたすら待つという忍耐強さが持てれば買いチャンスです。
業績が良好で、配当を継続できている銘柄があればリスクもより減らせるはずです。