はらみは変化の前兆なり

 

複数のローソク足が形作る足型の特徴を、相場の予測で使う手法として「酒田五法」というものがあります。
このはらみというのは、相場が転換するときに出やすい足型の1つで、そのはらみの中でも特に「陰の陰はらみ」という形の足型が長期下降後に出ると、そこが買いのタイミングだといわれます。
他には「三手大陰線」「三空叩き込み」「たくり線」などがあり、下降相場から上昇相場へ移るときに出やすいようです。
こういったチャート分析から誕生した相場格言は、他に「三空叩き込みは買い向かえ」などがあります。