窓開けには逆らうな

 

チャートの足型の1つに窓開けという形があります。
2本のローソク足の間に窓(空間)ができること、つまり前日の値動きの幅にまったく重ならないときのことをいいます。

陽線が窓を開ければ上窓、陰線が窓を開ければ下窓といいます。
底値圏での保ち合い、上昇相場の途中、こんなときに上窓が開けば上昇エネルギーが強くて、絶好の買いチャンスだと言えます。
この窓というのは上下どちらだろうが関係なく開けば、それは値動きに勢いがあるという証拠になるので投資チャンスということです。