半値戻しは全値戻し

 

前高値から大きく値を下げたあと、いったん底を打ち、下げ幅の半値まで戻したところで上げを止めた銘柄、これは半値でいったん止まってはいますが、半値まで戻した勢いは本物で、前高値まで戻すことが多いようです。
そして「三分の二戻しは全値戻し」と、似た相場訓があります。
こちらは半値より多くの三分の二を戻すことから、その潜在エネルギーは半値より多いということです。

参考までに、日経平均株価では2002年から2004年の間にこの動きをしています。