閑散に売りなし

 

株価が長期で下げ、安値圏を横這い、出来高も細っている、この状態を閑散といいます。

安値圏で長期保ち合い、投資家心理ではどうしても売りたくなる場面ですが、ここは「陰の極」に近い状態です、わずかな買いで上昇に転じそうな環境です。
辛抱して抱えてきた株です、もう少し粘りましょう。
閑散としているのは上昇の前兆ということです。

「閑散に売りなし」「陰の極に買いの機あり」
ここでの売りを我慢できれば利益はもう目の前です。