万人が万人ながら強気なら、たわけになりて米を売るべし

 

なにを買っても上がる、バブル経済の絶頂期はみんなが株へとなびき、まさに「万人が万人ながら強気」になった時代です。
そんなときの大天井は非常に危険です。
資産づくりを目的とするなら継続することが大切です。
大天井で失敗すれば、投資の中断、途絶えるという可能性もあります。
大底の買い損ないはダメージを受けることはないですが、大天井で売り損ない塩漬けにするとなると大損害、信用取引をしていたなら負債を背負うことも考えられます。

大天井で売る自信がなければ、それ以前に利食いするのが良いでしょう。