過ちて改むるに憚ることなかれ

 

孔子の「論語」の中の一説です。
「過ちに気がついたなら、速やかに認め改めなさい」という意味です。

人生訓と相場訓は密接です。
間違った自分に背を向けず、誤りを認めなくては次に進めません。
過ちから逃げているあいだは代償がつきまといます。
人生でもそうですが、株式投資では資金の損失というはっきりとした形で代償がつきまとうことになります。

この作業は気が重いことはわかりますが、乗り越えれば成長という形で自分に帰ってくるはずです。