相場巧者は孤独を愛する

 

投資家は売買を取引するにあたってつねに自分一人で物事を決断し、責任を負わなくてはいけません。
投資家は孤独なものです。
若い投資家であればそういった感覚はなく、ゲームのように楽しんでいるかもしれません。
しかし、株式市場は欲と欲がぶつかり合う場所、続けていくうちに周囲はすべて敵と気づき孤独感が身に沁みてくるはずです。
こんな中で相場を楽しみの場に変えていく投資家もいます。
そういった人が株式投資に向いているのかもしれません。

楽しむ余裕が冷静な判断を下し、成功に近づくのかもしれません。